Skip to main content.

関東実業団リーグ戦 12日はスペシャルデー! バスケ

 関東実業団バスケットボールリーグ戦は終盤に突入。5部まである中で一番最後に始まった1部リーグは7月12日に1次リーグ最終節となる。

 代々木第2体育館で行われる1次リーグ最終節は“スペシャルデー!”プレゼント抽選会などのイベントも行われる。

スペシャルデー
7月12日(土) 代々木第2体育館 入場料:800円


スペシャルデーのポスター(2次リーグも使えるQRコード携帯割引クーポン付き、PDFファイル)
http://jitsuren.jabba-net.com/kanto/2008/league/coupon/poster.pdf
関東実業団バスケットボール連盟公式サイト内にも割引券(PDFファイル)があります。プリントアウトしてお持ちください。
関東実業団バスケットボール連盟 http://jitsuren.jabba-net.com/kanto/


<12日(土)の予定>
女子1部
9:30  特別区 vs 東芝府中
11:00 丸紅 vs 伊藤忠商事
12:30 三井住友銀行 vs クラヤ三星堂
男子1部
14:00 横河電機 vs 曙ブレーキ工業
15:30 新生紙パルプ商事 vs 日本無線
17:00 三井住友銀行 vs 東京電力
18:30 東京日産 vs 葵企業

<男子1部4試合の展望>
 横河電機はリーグ戦40連勝がかかる試合。怖いのは気持ちの緩みだが、ここまで接戦も勝ちきってきているだけに、不安要素は少ない。ここまで1勝しかあげられていない曙ブレーキ工業だが、ここでトップチームに一泡吹かせたいところ。不安定な試合の入りを克服したい。
 新生紙パルプ商事、日本無線ともにベテランと若手のバランスがよく、チームが安定してきている。新生紙パルプ商事は前節で横河電機に敗れ1敗となった。このまま他には敗れることなくリーグ最終戦を横河電機との優勝決定戦に持っていきたい。日本無線は優勝戦線に残るためにここは勝ち星をあげたい。新人がまだフィットし切れてはいない感はあるが、どうコントロールしていくか。
 上位進出のためには落とせない三井住友銀行。この試合に勝てば他の試合に関係なく上位が決定する。若いメンバーが多いことで安定感には欠けるが、試合を追うごとにまとまりは出てきている。この試合を勝って、この1ヶ月の成果を見せる上位チームとの再戦に臨みたいところ。最終順位を一つでも上げたい東京電力。昨シーズン2戦しどちらも差をつけられて敗れているが、力をつけているインサイドが鍵となるか。
 前の試合で三井住友銀行が勝てば上位進出がなくなる東京日産。しかしそれに関わらず全日本実業団競技大会への出場権のこともあり、また下位になった場合2次リーグでも対戦する葵企業には勝っておきたい。前節、ようやく今リーグ初勝利を挙げた葵企業。個々ではなくチームでプレーし続けることが勝利につながる。良くない時間帯でどこまでチームとして粘れるか。特に体力的に厳しくなる試合終盤が重要だろう。


取材・文 渡辺美香 2008年07月11日
TOP