Skip to main content.

関東実業団リーグ戦 7月21日(月・祝)の結果 バスケ

 関東実業団バスケットボールリーグ戦男子1部は、7月21日(月・祝)代々木第2体育館で最終日となる2次リーグ上位第3節の2試合を行った。

 前節で優勝を決めていた横河電機は最終戦、日本無線を振り切って勝利し、4年連続全勝で5連覇を果たした。これで横河電機はリーグ戦43連勝となった。

関東実業団バスケットボール連盟 http://jitsuren.jabba-net.com/kanto/

最終日(2次リーグ上位第3節)のレポートは こちら

リーグ戦プレビューは こちら
スペシャルデー(7月12日)の紹介は こちら
6月7日(土)の結果は こちら
6月14日(土)の結果は こちら
6月21日(土)の結果は こちら
6月28日(土)の結果は こちら
6月29日(日)の結果は こちら
7月5日(土)の結果は こちら
7月12日(土)の結果は こちら
7月13日(日)の結果は こちら
7月19日(土)の結果は こちら
7月20日(日)の結果は こちら
1次リーグ第1節のレポートは こちら
1次リーグ第2節のレポートは こちら
1次リーグ第3節のレポート&フォトは こちら
1次リーグ第4節のレポート&フォトは こちら
1次リーグ第5節のレポートは こちら
1次リーグ第6節のレポートは こちら
1次リーグ第7節のレポートは こちら
2次リーグ第1節のレポートは こちら
2次リーグ第2節のレポートは こちら
2次リーグ下位第3節のレポートは こちら
1次リーグ第1節のフォト・ギャラリーは こちら
1次リーグ第2節のフォト・ギャラリーは こちら


<試合結果>
新生紙パルプ商事 79 ( 19-18 18-19 24-14 18-21 ) 72 三井住友銀行
横河電機 93 ( 23-19 17-25 27-17 26-17 ) 78 日本無線


<最終順位>5位までの5チームが全日本実業団競技大会に出場。
1位:横河電機(10勝0敗、勝点30、2次リーグ3勝0敗) 5年連続5回目
2位:新生紙パルプ商事(7勝3敗、勝点27、2次リーグ2勝1敗)
3位:三井住友銀行(5勝5敗、勝点25、2次リーグ1勝2敗)※
4位:日本無線(5勝5敗、勝点25、2次リーグ0勝3敗)※
5位:東京日産(5勝5敗、勝点25、2次リーグ2勝1敗)
6位:葵企業(4勝6敗、勝点24、2次リーグ2勝1敗)
7位:曙ブレーキ工業(3勝7敗、勝点23、2次リーグ2勝1敗)
8位:東京電力(1勝9敗、勝点21、2次リーグ0勝3敗)

※勝点が同じ場合、2次リーグの成績で順位を決定しています。


<個人賞>
最優秀選手賞:高木 賢伸(横河電機#17・初)

優秀選手賞
田ヶ谷 治(横河電機#20・2年ぶり4回目(昨年はMVP))
神 健(横河電機#19・2年ぶり2回目)
遠藤 純二郎(新生紙パルプ商事#15・初)
小松 昌弘(三井住友銀行#92・初)
鈴木 伸之(日本無線#6・3年ぶり2回目)

新人賞:福田 大祐(日本無線#13)

得点王:小松 昌弘(三井住友銀行#92・初)

3ポイント賞:松岡 庸平(葵企業#14・初)


<1−2部入替戦>
7月27日(日) 横河電機体育館
11:30 東京電力(1部8位) vs 富士通(2部1位)
13:00 曙ブレーキ工業(1部7位) vs プレス工業(2部2位)





取材・写真・文 渡辺美香 2008年07月22日
TOP